「やあ、ようこそ」    
未分類 | 体脱日記 | 離脱法 | 考察 | 雑記 | 離脱飯ライフ | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
所謂ひとつの体脱日記
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
プロフィール

◆M4A1CEL9ZY

Author:◆M4A1CEL9ZY

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.07.01 Fri
離脱後の拠点の話再び
 スレでさらっと触れた最近の拠点の話。

 現在は魔改造した空母が離脱後の活動拠点になっている。


・外観
 ちょっとした島と同じような規模である。全長数km程はありそう。
 甲板に樹海召喚を一発ぶちかましているためますます空母の形を模した島と言ってもおかしくない。
 一部のエリアでは謎の果物が取れる。茶の木もあるし、肉塊がなる木もある。気候風土なんのそのの植物たちだから食料事情に困ることは無いだろう。
 金属のような性質を持った木もある。
 

・性能
 当然のように時空を飛び越え異次元を航行する。
 空間ごとぶち壊しかねない攻撃にも当然のように耐える。終末にも耐える。混沌の渦に飲まれようがお構い無し。自分の攻撃力に呼応して耐久性能が上がっている気がする。もっとも迂闊に小突いてぶっ壊れでもしたら面倒なので当然の強度であるが。


・内装
 居住スペースと管制スペースと動力部となんやかんやがある。
 全貌は分からないが多分望んだら大抵のものは出てくるだろう。
 内部は時空が都合よく歪んでいる。


・統制人格
 自分とパートナーだけで制御しきるのは面倒なので、全機能の制御システムを担う統制人格を搭載することに。所謂メンタルモデルのようなもの。
 世話焼きでそこはかとなく母性的な感じに仕上がったのは母艦の言葉が持つイメージに流されたからであろうか。
 暇さえあれば刀剣類作成から料理まで色々こなす模様。




レッドドワーフ号というとイギリスのSFドラマだったか
ドクターフーもそうだがイギリスのSFドラマは個人的に当たりが多い気がする

雑記    Comment(4)   Top↑

Comment
Posted by
>>統制人格
宇宙船レッド・ドワーフ号みたいですね。
2016.07.02 Sat 09:24 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.25 Wed 01:20 [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.25 Wed 01:49 [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.25 Wed 17:27 [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。