「やあ、ようこそ」    
未分類 | 体脱日記 | 離脱法 | 考察 | 雑記 | 離脱飯ライフ | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
所謂ひとつの体脱日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

◆M4A1CEL9ZY

Author:◆M4A1CEL9ZY

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.04.07 Thu
超常的な力についてのあれこれ
 離脱後に使っている超常的な力をつらつらと。


・念動力
 力場を自在に発生させるタイプの念動力。
 飛んだり跳ねたり使い勝手は非常に良い。


・時空間干渉
 念動力の発展系ひとつめ。
 テレポートとかワープとか。
 睡眠と覚醒の狭間を漂っている状態で、あともう少し眠りたいときに時間に対する感覚を弄って数分を数時間に引き伸ばしたり出来る、ある意味現実でも使える便利な力。


・発火とか放電とか冷却とか硬化とかその他いろいろ
 念動力の発展系ふたつめ。
 干渉する部分を限定的にすることで様々な現象を引き起こしていくスタイル。


・謎物質錬成
 この世のものではないなにかを作る系の力。
 物質と言っていいものかどうかはわからないが。


・精神干渉
 幻術とか人格の錬成とか。ある意味で離脱の根源に近いものかも。




 ついでに現実で離脱時のような超常的な力を行使できない理由をつらつらと。


・意思を世界に反映させるためのものが脆弱かつ低機能の肉体しかないから
 →人の持つ手足以上に干渉力の高い何かがあれば……


・単純な出力不足
 →脳波や体温というものがある以上、そいつの出力を高めてやればパイロキネシスくらいは可能になるのでは?
 →脳波出力を上げる方法はわからんし上げたところで脳や体自体が耐えきれるとはとても思えないが……
 →神経で電気信号を発生させられるんだから放電能力や磁界操作くらい搭載できるようになるかも
 →やはり人体が耐えきれるかどうかが鍵
 →ナノマシンやサイボーグ技術がファンタジーレベルに発達すればあるいは


・仮に思念で直接干渉する力があるとしても、この世に存在する意思があまりにも多いうえに乱雑であり、全ての干渉力が相殺された状態にあるから
 →出力不足と同義か


・無くても生きていけるから
 →生物の機能というものは、それがなければ生存不可能と判断されなければ退化するし、進化もしない
 →では必要とされるシチュエーションを作れば……
 →今ある文明を一切合切破壊したら原発並の発電能力を持った個体が生まれるかと問われたら、生まれることは無いだろうとしか言えない



 最後に離脱先の世界から現実世界への干渉について。
 やっぱり世界間の壁ってのはとんでもなく分厚く頑丈だからそうそうぶち抜けるものではないのではなかろうか。
 そもそも離脱先と現実の接点が自分の肉体しか無いわけであるし、この接点以外の部分に干渉するためにはどれだけのパワーが必要なのか皆目検討つかない。

考察    Comment(2)   Top↑

Comment
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.04.07 Thu 12:02 [ Edit ]
Posted by シロ
もう離脱を5年?はかかってもできません。そんなわたしに離脱がしやすい方法を教えてください お願いします
2016.04.24 Sun 01:10 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。