「やあ、ようこそ」    
未分類 | 体脱日記 | 離脱法 | 考察 | 雑記 | 離脱飯ライフ | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
所謂ひとつの体脱日記
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
プロフィール

◆M4A1CEL9ZY

Author:◆M4A1CEL9ZY

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「未分類 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.05.07 Sat
イメージ力と離脱
 結局のところイメージ能力を鍛えられるところまで鍛えるのが離脱の近道なのではないだろうか。

 離脱の根底は想像への没頭であることに変わりはないということ気付きさえすれば、あとは万事想像でどうにかなる。

スポンサーサイト

未分類    Comment(1)   Top↑

2015.03.07 Sat
3/7
かわりばえもなく


追記
 離脱を利用した精神疾患の治癒が可能かどうかという話ですが
 治る可能性も悪化する可能性も、どちらも存在するので一概にはどうこう言えません
 心象風景に飛び込むことが出来れば、自分と向き合えるという点で言えば効果的ではあるものの……


 

未分類    Comment(2)   Top↑

2014.03.07 Fri
拠点の話と離脱世界の構造について
 簡単にだが書き記しておく。
 上手く説明しきる技量が欲しいもので。



「拠点」
 向こうにあるあらゆる世界の外側の領域に作った最上位世界兼自宅。
 基本的な外観は、虚無に浮かぶ無数の球体の集合体。
 この無数の球体が様々な環境と部屋を内包している模様。家と言うよりはもはや時空と世界の寄せ集め。
 ∞LDK。
 時空の連続性は無く、バラバラになった各部屋を己の意思で繋いで移動する。
 現在自分含め五人暮らし。



「最上位世界」
 離脱してあらゆる世界を渡り、時空を超えて漸く気付いた、全ての世界を内包している領域。所謂世界の外側の外側の……以下略。
 基本的には何もないし、世界そのもの以外は何も存在できない領域なのだが、いつの間にか他の世界の引力をぶっちぎってここに辿り着いてしまった。
 現在はこの領域に居を構えている。別世界とのアクセスがしやすく便利な拠点。








 自分でもよくわからんな。

未分類    Comment(2)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。